たくさんのあなたを乗せて走りたい しずてつジャストライン

HISTORYヒストリー

どんな会社なのか、
過去を見ればよく分かる。

しずてつジャストラインの90年史は、
社会貢献の歩みでもありました。

これからも、人間愛、静岡愛、
そしてバス愛の会社であり続けます。

since1919

駿遠電気株式会社が創立。

当時の静岡駅前バス乗り場
名古屋・テレビ塔下の静鉄観光バス
CNG(天然ガス)バス

1929

静岡電気鉄道株式会社(現静岡鉄道株式会社)自動車部としてスタート。正式に乗合バス事業に進出。

1930

大型貸切自動車事業に進出。

当時の静岡駅前バス乗り場

1938

路線バス全線に停留所制を実施。

1943

鉄道会社、自動車会社を合併し、静岡鉄道株式会社が誕生。

1945

終戦を迎え、増員を実施。バス路線の再開を目指し、業界に先駆けて大型ディーゼルバスを購入。

名古屋・テレビ塔下の静鉄観光バス

1955

新静岡バスセンターが竣工し、最新式のエアサスペンション搭載バスでパレードを行う。

1962

運賃箱が搭載されたワンマンバス運転を開始。

1966

全路線バスが使用できる新静岡バスターミナルが完成。

1974

七夕豪雨の発生により、通勤の足として欠かせない乗合バスの重要性が再認識。

1983

JR静岡駅北口バスホームが新設。
この頃より二階建てバスが登場。初運転は開業したばかりの東京ディズニーランドへの旅でした。

1994

運賃をプリペイド化し、さらに電車とバスのどちらも利用できるパサールカードシステムを導入。

CNG(天然ガス)バス

1998

高齢化社会の到来に対応し、超低床ノンステップバスを導入。

2000

静岡市が全国6番目にオムニバスタウンに指定され、バスを中心とした交通環境整備を開始。

2001

ラッピングバスを県内初導入。

2002

「しずてつジャストライン」として分社独立。

2006

静鉄グループカードとしてICカードのルルカを導入開始。

2007

東京清水線、新静岡新宿線の運行を開始。

2008

静岡成田空港線の運行を開始。

2009

静岡空港開港と同時に富士山静岡空港線、静岡横浜線の運行を開始。

2011

静岡大阪線の運行を開始。
新静岡再開発により新静岡セノバ1Fに「新バスターミナル」が完成。

2012

静岡甲府線の運行を開始。

2013

全国ICカード相互利用開始。

2014

「第1回しずてつバスフェスタ」を清水マリンパークにて開催。

2016

相良渋谷線の運行を開始。

2017

西久保営業所を清水区辻から清水区高橋町へ移転。
新静岡新宿線(旧愛称:駿府ライナー)が開業10周年。

地域のために、
地域とともに歩んできた歴史が
静鉄マインドとして
継承されています。