たくさんのあなたを乗せて走りたい しずてつジャストライン

SUPPORT社員のために

“お客様の安全は、働く人の安心から”
あなたが働く上での各種支援制度

教育制度・福利厚生

個人のスキルアップのため、
様々な教育・支援制度が当社にはあります。
また、福利厚生制度も当社独自のものに加え、
静鉄グループ共通のものもあります。

大型二種免許取得制度

大型二種免許取得制度

大型二種免許の取得に必要な費用は、貸付扱いとして会社が負担します。尚、営業所配属から3年経過した場合には返済の必要はありません。
大型二種免許は、入社後に兵庫県の網干自動車教習所もしくは静岡県の静鉄自動車学校にて取得して頂きます(約1ヶ月)。

独自の教育体制

独自の教育体制

大型二種免許の取得後は、当社内の教育センターにて運転士の基礎教習を行います(約2~3ヶ月)。実技・座学教習を通し、バス運転士としての技能や知識を習得していただきます。

階層別研修

階層別研修

若年層・管理職に分かれ、階層毎の役割の理解・遂行を目的に「階層別研修」を実施しております。

利子補給制度

利子補給制度

社員が教育、介護、住宅購入などの資金を借り入れる際、その金利分を会社が一部負担する制度です。

家族乗車証

家族乗車証

従業員のご家族を対象に、路線バスを無料で乗車できるものです。
※乗車証の利用回数には上限があります。

特別乗車証

特別乗車証

従業員のご家族が、通学・通院で路線バスを使用する場合、利用区間の定期券を定額で購入できるものです。
※所得税法上の扶養親族に限ります。

単身寮

単身寮

運行エリア外に在住する方を対象に、単身寮を設置しております。

社内レクリエーション補助制度

社内レクリエーション補助制度

社内旅行などの費用を会社が一部負担する補助制度です。

クラブ活動支援制度

クラブ活動支援制度

フットサル、釣り、ゴルフ、野球など、会社の承認を受けたクラブ活動の費用を会社が一部負担する制度です。

EAP(従業員支援プログラム)

EAP(従業員支援プログラム)

専門家に委託して、従業員のメンタル面をサポートしています。

静鉄グループの割引制度

静鉄グループの割引制度

「保養施設利用補助」、「車両購入割引」など、静鉄グループの各社割引制度を利用できます。

健康管理、
ここまでやります。

安全安心の運行のために
日々の健康管理が不可欠です。

社員の健康増進を図るべく、健康診断をはじめ、
様々な取り組みを行っております。

大型二種免許取得制度

インフルエンザ予防接種

毎年、全社員を対象としてインフルエンザの予防接種を行っています。予防接種に係わる費用は会社が負担し、各職場もしくは病院にて接種が可能です。また、社員のみならず、社員の家族(所得税法上の扶養家族)の予防接種費用も補助しています。
※費用の補助は上限があります。

脳ドック・人間ドック

脳ドック・人間ドック

疾病の予防や早期発見、生活習慣の見直しの為の取り組みとして、脳ドック・人間ドックの指定受診を行っています。すべての従業員を対象に、40歳から5年毎に検査を受けていただきます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査

睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、気道の閉塞が原因で睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。当社では、SASの早期発見のため、全運転士を対象として、スクリーニング検査を3年毎に実施しています。
※運転士のみ対象

最新ITを活用した
安全技術の導入

「お客様のため」は
「社員のため」にもなることです。

衝突被害軽減ブレーキシステム(PCS)

衝突被害軽減
ブレーキシステム(PCS)

衝突時の速度を抑え、衝突被害の軽減に寄与するシステム。高速道路走行車両で23台に導入しています。

車両安定制御システム(VSC)

車両安定制御システム
(VSC)

カーブを曲がるときに起こる横滑りを抑え、車両を安定させるシステム。自動的にブレーキをかけたり、エンジンパワーを制御し、車両を安定させます。

眠気検知センサー(フィーリズム)

眠気検知センサー
(フィーリズム)

脈波から眠気の傾向を察知し、瞬時にドライバーに通知します。高速道路走行車両の全車に導入しています。

クラウド型デジタルタコグラフ

クラウド型
デジタルタコグラフ

走行中の速度などの変化をグラフ化し、運転状況・位置情報をリアルタイムに把握。運転士へのリアルタイムな運転指導が可能となり、事故防止につながります。

事故防止のための
取り組み

ハード面の独自改善

ハード面の独自改善

バス車両を購入する際、ミラーを9ヵ所に設置するというジャストライン仕様にカスタマイズし、乗降扉をスライド式ではなく折りたたみ式に変更するなど、車両そのものの改善をしています。

ソフト面の独自改善

ソフト面の独自改善

全国に先駆け、運転士による車内アナウンス(発車・停車などの音声ガイダンス)を徹底し、転倒による社内事故を未然に防ぐ予防安全技術の向上を図っています。